スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「生検」(その2)

2014/09/19 「生検」当日

早朝、浣腸を行い、エコノミー症候群防止のタイトなストッキングを付けて
検査手術時間を待った。15分前に看護婦さんに案内されて
手術室に歩いて向かった。手術室前で病棟看護婦から手術看護婦に引継がれ
手術室に入った。TVドラマでしか見たこともない初めての手術室だったが
ドラマ見たくあんなに整然とはしてないなという印象だった。

ベットに横になり点滴を施し、背骨に針を刺し「麻酔薬を注入します。」
そして肩やら太もも付け根やらをさわり「感じますか?」
感じる所と感じ無い所があった。腰から下が全く動かないが意識はあった。

やがて「麻酔が完了しました!」「それでは始めます!」「超音波機械を入れます!」
「採取を開始します!」「1!」ガシャーという刺針音。「2!」ガシャー。
半身麻酔だから良く聞こえる。施術者が採取番号を唱えているのだ。
おかげで進行具合が良くわかった。
「20!」ガシャーまではそう時間がかからずあっという間だった。

施術者が、液体の入った小瓶の中に封入されている採取された組織を見せて
「白くて半透明、綺麗でしょう!見た目では癌なんて全く判りませんよ!」
「これから分析します!」お願いします!「はい!終わりです!」
点滴と導尿管をつけたまま病棟ベットに移され病棟に向かった。

「今日1日は安静姿勢で過ごして頂きます。起き上がってはいけません。」
「横になるのはOKです。」とは言われても少し動かすのがせいぜい。
夕方から「体内の不純物を排出する為水分をたくさん採ってください。」
ペットボトルに自在ストロー付けて多いに飲んだ。
刺針箇所が何か違和感を感じ始めたので痛止めを点滴に追加した。
仰向けの同じ姿勢でいるのは結構辛い。
夜は短い浅い眠りの繰り返しだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ろきさん

Author:ろきさん
リタイヤし「サンデー毎日」で
趣味などに没頭満喫していた時
突然襲った大問題!
これは戦うしかないな!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。