スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精密検査(MRI)

2014/08/05 総合病院泌尿器科受診

総合病院泌尿器科の初診受付予約は混んでおり3週間先であった。
担当は結構若く温厚な医師であった。紹介状と添付データ確認後
若干のヒアリング後以下提案があった。

「いきなり”生検”をやるのでなく、その前にMRIを行い、癌の可能性の確度を
いま少し調べてみましょう。」「最短取れる日程は8月15日です。如何しますか?」
断る理由も無いので「それでお願いします。」とした。
「MRI結果は約1週間後に判るのでの8月21日予約しておきますので
来院してください。」


2014/08/15 MRI

ガーガー結構うるさい音と共に腰の辺りを行き来し、最後に造影剤を注入して
更に撮影し終了した。そんなに長い時間ではなかった。


2014/08/21 MRI結果

MRI結果は以下であった。

1.読影結果
 ①両側辺縁域にT2強調像で淡い低信号がみられる。
  前立腺炎による信号変化が疑われる。
 ②前立腺右辺縁域にT2強調像で8mm程の小結節様低信号域が見られ
  早期濃染し後期相でWashoutされている様に見える。癌を見ている疑いがある。
 (私的には「組織が粗くなっている部分が有るのでMRI波形が
  他と違っており、粗くなっている証拠に造影剤の浸透消失も早い。
  なので癌ではないかと読める。」と解釈した。)

2.Impression
 ①前立腺内腺の腫大が見られる。
 ②前立腺右辺縁域に前立腺癌の疑いがある。

「最終的に癌であるかの白黒は”生検”を行わなければ確定出来ません。」
ということで、3泊4日の入院「生検」をすることにした!
日程は最短で9月18日、そんな先で大丈夫なんでしょうか?
癌が進んだり転移したりはないのでしょうか?
「まず、大丈夫でしょう!」約1ヶ月も先だがやむを得ないそこを予約した。

PSAが基準値を超えている事がわかってから約2ヶ月も過ぎる事になる。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ろきさん

Author:ろきさん
リタイヤし「サンデー毎日」で
趣味などに没頭満喫していた時
突然襲った大問題!
これは戦うしかないな!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。