スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発見に至る迄の経過(その4)

2014/07/15 泌尿器科医院受診 二回目

詳細検査と血液検査結果が出る日なので泌尿器科医院を訪れた。
受付後、おしっこの勢いと量の検査や膀胱周辺エコー等行った。

先回及び今回の検査・テストからの診断結果は、「前立腺肥大というより
過活動膀胱症候群でしょう。」と言う事だった。「先回処方した薬に加え
過活動膀胱症候群の薬も出しておきましょう。」となった。

「ただ、血液検査で気になる値が出ています!」
「PSAが正常値 4.0 以下に対して 14.0 となっています。」
「この値の場合、前立腺癌が見つかる確立は約 40% 位です。」
「精密検査出来る病院を紹介しますので、至急精密検査を受けてください。」

と言う事で、私が糖尿病で定期受診をしており、またこの医院の先生が
以前泌尿器科部長をしていたという大手総合病院の泌尿器科を紹介、
新患予約をとってくれた。

総合病院での精密検査によって、治療の方針が大きく変わってくる!
複雑な気持ちで、紹介状を手に泌尿器科医院を後にした。

PS
ここで処方された「過活動膀胱症候群」の薬、後日問題が発生することになった。

それは2週間位飲み続けた頃、夜中のおしっこの出が極端に悪くなったと言う事だ。
昼はそれなりに出るが、夜起きてトイレへ行くと自然には「とろりとろり」としか出ず
うんと息んで出さないとほとんど出ないという現象が起きてしまった。

「これは変だ!薬止めよう!」その結果少しずつ解消された。が、今思えば
普段からこんな極端ではないが夜のほうが出が若干悪かったような気がする。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人生いろいろ

そういえば俺も去年、夜中におしっこ出なくなって
病院に飛び込んだっけ。
先日、50年来の友達も死んじゃうし・・・
いろいろあるよね。人生って!

そうですね!

> そういえば俺も去年、夜中におしっこ出なくなって ・・・

 それは大変だったですね!重症だと強制的に出させるため
 導尿管入れられちゃうんですよね。
 あれって「生検」の時経験しましたが抜く時物凄く痛かったんですよ!


> 先日、50年来の友達も死んじゃうし・・・

 自分も先日高校時代の友人が脳梗塞で亡くなりました。
 この年代になると友人集まると健康や病気の話ばかり!

 いろいろありますけど、精一杯何とかやっていくしかない!
 そんな心境です。
プロフィール

ろきさん

Author:ろきさん
リタイヤし「サンデー毎日」で
趣味などに没頭満喫していた時
突然襲った大問題!
これは戦うしかないな!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。