スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿失禁状況(その1)

2月09日(導尿管を抜く)

日 中:尿取パット80cc、交換頻度約2~3H毎 
就寝時:失禁用薄型パンツ、起床まで途中交換無

導尿管を抜いた直後は膀胱が空なので尿失禁は無かった。
病棟に戻ってから行った1H尿失禁テストでは45分経過後に失禁してしまった。
漏れた量を測定した結果重度の尿失禁と判断されるレベルだった。

日中尿意を感じた時に早めにトイレへ行っても間に合わず途中で出てしまう状態で、
尿取パットは適時の交換が必須だ。

就寝時は尿意で起きてトイレに行くとかは全く無く、突然「あっ出た!」と言う状態だ。
寝ていて尿取パット交換が間に合わない事を考えて失禁用薄型パンツにしていたが
これは吸収量が多い、いわば「おむつ」だから一晩交換無で問題はなかった。

就寝時も尿取パットという場合は吸収量が少ないタイプだと交換の必要が生じ
寝過ごすとえらいことになってしまうので、吸収量の多いものを選ばないといけない。

日本泌尿器学会では尿失禁を「自分の意志とは関係なく尿がもれてしまう事で
加えて、これにより社会的・衛生的に支障を生ずるもの」と定義している。

まさにこれだ。おしっこしたいとか、我慢するとかの感覚は全くなく、
無意識のうちにジャァーと出てしまう。これは辛いし情けない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ろきさん

Author:ろきさん
リタイヤし「サンデー毎日」で
趣味などに没頭満喫していた時
突然襲った大問題!
これは戦うしかないな!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。