スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尿失禁について考えた

尿失禁について私見だが以下に考えている。

前立腺と尿道括約筋というおしっこに関する2つのダムのうち
1つを取ってしまったのだから、従来と全く同じになるとは
思えない。何かの拍子に「チロッ」とかは避けられない。

考えてみれば人口の1/2を占める女性は生まれた時からそうだ。
巷には女性に向けて尿失禁関係アイテム等のコマーシャルが
あふれている。それと同等になったと言うことだ。

就寝前、下着を交換する時「あれっ、ほんの僅か湿っているのかなぁ?」
なんていう程度は正常のうち!

尿失禁の原因は手術で骨盤底筋やその神経に何らかのダメージを与えた為で、
ダメージの大小や種類で回復期間に差があると自分なりに考えている。

ダメージの大きい順に挙げると以下だろう。

1.前立腺を切除する時尿道の骨盤底筋を傷つけた。
2.前立腺を切除する時尿道の骨盤底筋の神経を傷つけた。
3.膀胱と尿道を縫う時尿道の骨盤底筋にも糸が通ったか何らかのダメージ与えた。
4.尿道の骨盤底筋に向かう神経を何処かで傷つけた。
5.手術の影響(刺激を与えたとか体力が弱ったり)で尿道の骨盤底筋又は
  その神経がキズついた訳ではないが機能停止状態になった。

ダメージが小さいほど尿失禁解消が早いのではないか。
筋や神経に物理的なダメージ与えた場合には尿失禁解消は傷がある程度治るまで
傷の修復待ちに成るのだろうからそれなりの期間を要するのだろう。

最近はロボット支援手術の普及と技術の向上で1~4はかなり
少なくなっていると想定している。しかし手術の過程でやむを得ずダメージを
与えてしまう場合が有り得る事も否定は出来ないだろう。

更に年齢や筋力等も影響し、この辺り個人差が出てくるのは仕方が無い事と思える。
が、いずれにしても時間の差はあれ、極1部を除きいずれ解消すると思われる。

骨盤底筋は肛門括約筋と尿道括約筋が対をなしているイメージと捉えている。
骨盤底筋体操は尿道側の骨盤底筋その物を鍛えるのでなく、肛門側の骨盤底筋と
神経が同じであり、肛門側の骨盤底筋を刺激する事で尿道側骨盤底筋の神経も
刺激する事で、それにより修復・回復することを促進する。そう思っている。
特に5番(に限る事はしないが)にはかなり有効と思われる。

自分の場合一時はどうなる事かと思ったが、3日目辺りから改善の兆しが
見られるようになった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ろきさん

Author:ろきさん
リタイヤし「サンデー毎日」で
趣味などに没頭満喫していた時
突然襲った大問題!
これは戦うしかないな!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。