スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外科受診

2015/06/19 外科受診

内科の先生には大腸の手術は患者負担が少ない腹腔鏡手術で是非お願いしたいと
話しておいた。今日は紹介先の腹腔鏡外科の先生の受診があった。

前に一度ロボット手術してる事と、ステントが入っている事で、腹腔鏡手術は
駄目かと思っていたが先生は触診したり痕跡等を確認して
腹腔鏡で手術しましょうと判断してくれた。

開腹手術に比べ患者負担が格段に少ないのでこの点はラッキーだ。
手術は今月30日午後と決まった。

この頃某医科大学病院で腹腔鏡手術の死亡率がh高くマスコミで
大いに話題になっていた時期だった事もあり、この時ちょっとした
腹腔鏡について会話をした。

「あなたは自分から腹腔鏡手術を選択してきたが
 最近腹腔鏡で手術するというと、多くの患者さんから
 先生腹腔鏡手術で大丈夫なんですか!?と言われる。 
 この件を報道するマスコミの報道内容姿勢が問題だ。」

「あれは特殊の例と思う。腹腔鏡手術を実施した部位は
 まだ安全性が確たるものになっていない難しい部位だ。
 それをきちんとしたインフォームドコンセプトもなく
 きちんとした内部手続きも経ずに行った事が
 本質的な問題で通常の腹腔鏡手術の問題ではない。」

「全くその通りだ。」


スポンサーサイト

内科治療完了

2015/06/17 内科治療完了

今日の朝飯から普通のお粥になった。半熟の玉子が付いてたので
お醤油かけてお粥にかけ玉子かけお粥にして食べたら物凄く美味しかった。

主治医から「今日18時からこれまでの説明をしたいので家族も聞いて下さい。」
との話が有った。

内容は以下だった。
1.CT画像を見ながらの病状説明
2.一旦退院となり外科からの入院指示待ちとなる。
3.ステントが入っているのでこれが詰まると重篤な事態となる。
  栄養士から食事注意事項を聞いてこれを厳重に守ること。

CT画像を見たが大腸部分はよくわからなかった。
肝臓転移画像は大小の黒い斑点が肝臓全体広範囲に広がっており、
これは!という思いだった。

この食事注意事項は既に栄養士さんから聞いていたが、
これで管理するのは相当厳しい難しい内容で出来そうもないと思われた。

主治医に訴えた。
食事管理を自宅で管理するのは困難だ。何かあった場合の対応も
考慮すれば出来れば外科に移るまでこのまま入院を続け
病院管理下に置いてもらいたい。

結果は手術まで入院をこのまま続けることになった。


ステント挿入後の状況  その4

2015/06/16 大分よくなった

今日朝食から五分粥になった。
トイレの頻度は一番激しかった時より若干少なくなった。

お風呂はまだ体負担が大きいからNGだが、シャワーならOKとなった。
浴びてきた。久しぶり気持ちよかった。さっぱりした。

このまま大腸閉塞が順調に回復としても、手術はどんなに早くても再来週、
それ以降になるだろう、との予測を看護婦さんから聞いた.

だとすると、一旦退院し自宅待機必須なんだろうな。

が、実際手術するには主治医内科と持病の糖尿科と実行部隊の外科とで
チームを組んでやる事になるのだろうな。

詳細の話はまだだがいずれ話があると思われる。


ステント挿入後の状況 その3

2015/06/15

ステントを入れる時大腸に像影剤を注入しているがこれが大腸に残っている。
この為これを排出する薬が処方された。

その目的から当然緩下剤と同じ様な働きをする。はたせるかな夕食後辺りから
便が軟らかくなってきた。これが原因だ。緩くなる訳だ。

それは異物が大腸に残らないに越した事はないが、
薬で強制してまでの物なのかなぁ。自然では駄目な物なのかなぁ。

ステント挿入後の状況  その2

2015/06/14

今日の朝食も昨日と同じ重湯。

先生から、「手術に向けて必要な確認検査がいくつかある。
外科転院前だが今からやっておこう。」と検査指示が出た。

指示有った検査全て終わって戻ってきたら点滴も外された。
これで段階的に普通食に移行となるな。

味噌汁は1日1回夕食時だけ付く。
昨日の味噌汁は具無しだったが今日の味噌汁は
具無しを卒業して玉子流したやつだった。

後は下痢が良くなると良いのだが、トイレ行く頻度は
少しは減って来ているとは感じた。


プロフィール

ろきさん

Author:ろきさん
リタイヤし「サンデー毎日」で
趣味などに没頭満喫していた時
突然襲った大問題!
これは戦うしかないな!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。